運転免許も持っている、自分の車も仕事に使うことができる、ドライバーテクニックも問題はない、だけどキャバクラの送迎ドライバーとして採用されない。

そんな男性も、もしかしたらいるかもしれません。

何が悪いのでしょうか。

チャラくない男性が求められている

一般企業と同じように、採用されるためには面接を受けなければいけません。

その時にいい印象を持ってもらえなければ、採用されるのはなかなか難しいでしょう。

キャバクラ嬢を送迎するドライバーの仕事をしたいと考える男性は少なくなく、求人にも一定の応募者が集まります。

そこで採用されるためには、他の男性よりも好印象を与えることが求められるのです。

第一印象を良くするには、まず清潔感です。

服装も含め、汚らしいという印象を与えないことが大事。

それこそ企業の人事担当者と会うときのような心構えで身だしなみを整えておかなければいけません。

服装は何を着ていくのか迷うと思いますが、スーツを持っていれば、それが無難でしょう。

スーツを着ていて悪い印象を持たれてしまうことはまずありません。

スーツが難しいのであれば平服でもOKですが、あまりにもラフ過ぎると第一印象が悪くなるので気をつけてください。

間違っても短パンにサンダルなどの格好では臨まないこと。

キャバクラはキラキラしたイメージが強いと思いますが、送迎ドライバーとしての採用を考えた時、店側はできるだけキラキラしていない男性を採用する傾向が強いようです。

真面目そうでチャラチャラしていない男性を選ぶ理由は、キャバクラ嬢と変な関係にならないので安心であると考えるため。

大事なキャバクラ嬢をチャラチャラした軽い感じの男性には任せられませんよね。

とてもナイトワークで働くとは思えないような真面目そうな人、でもしっかりとしていて車の運転が得意な人をお店は選びたがるので、髪型や服装を整えるとは言っても、余計な装飾をつけたり派手なイメージを持たれるような格好は避けるべきでしょう。

実直さが感じられる話し方をしよう

話し方にも同じことが言えます。

ペラペラダラダラしゃべるような男性に、キャバクラ嬢を任せたいとお店が思うでしょうか?もちろん、思いませんよね。

聞かれたことに丁寧に答える、ハキハキと小気味好くしゃべる、そういう男性であることを面接でアピールできれば内面的にも清潔感があると思われ、採用されやすくなることは間違いありません。

人によっては練習が必要でしょう。

もし送迎ドライバーにどうしてもなりたいのであれば、面接対策は必須です。

他の応募者よりも優れている、この仕事に向いていると思わせなければいけませんから、服装も話し方も含めて、しっかりと対策をしてから応募することをおすすめします。