ホストのようにガンガンお酒を飲むことはできないし、ホールやボーイのように接客をするのはちょっと苦手。

でもナイトワークで働きたい!という人にぴったりな仕事が送迎ドライバーです。

男の人でもナイトワークを探していれば、この仕事にたどり着くことも多いはず。

ここで気になるのが、キャバクラの送迎ドライバーをすることで得られる収入ですよね。

送迎ドライバーの給料って、実際どうなの!?

このお仕事は、ほとんどのお店が日給いくらという形で給料の額を決めています。

正規雇用ではなくアルバイトのような形態であるものの、時給制にしているお店は多くはありません。

具体的な額ですが、日給5,000円から6,000円以上としているお店が多くを占めています。

勤務時間によっても変わってくるかもしれませんが、平均的な給料を敢えて示すのであれば、このくらいの数字になるはずです。

高いところでは7,000円以上を提示しているお店もあります。

割合的には多くないものの、お給料にこだわるならこのくらいのお店を狙いたいところ。

ただ、勤務時間が長いことで高いお給料になっている可能性もあるので、勤務時間とお給料のバランスは入店前に必ず確認しておきましょう。

キャバクラの送迎ドライバーは週に1日や2日でも勤務できるところが多いので、月給でどのくらいの収入が得られるのかを算出するのは簡単ではありませんが、一般的な仕事と同様に週に4日や5日働けば、10万円以上は十分に稼ぐことができるでしょう。

15万円ほどの月給は期待できるはずです。

この数字だけを見れば高収入とは決して感じられないかもしれませんが、実働時間を考えると高収入の仕事と言えるのではないでしょうか。

しかも運転するだけですから、業務内容から見ても割のいい仕事となるでしょう。

1日に7,000円や8,000円稼げるようなお店を選んだり、もしくは仕事を続けて信頼を得られればお給料はアップしていくでしょうから、そうやって徐々に収入を上げていくしかないのかもしれません。

送迎ドライバーはあくまで一時的な仕事

ただ一つ言えることは、この仕事をメインに生活をするのはちょっと難しいかもしれないということ。

多くの人は副業をしていますし、ダブルワークの一つとして、キャバクラの送迎ドライバーという仕事を選んでいます。

サラリーマンとして働いている人、自営業を営んでいる人、夜のお店でボーイなどをし、お店を閉めてから同店舗で働くキャストを家まで送る仕事をしている男性も少なくありません。

あるいは、ホールで働く前の段階として、運転手として働くという人もいます。

いずれは店内で働きたいと思いながら、日々運転し下積みを経験しているのでしょう。

そうしたいろいろな人の状況も見ながら、自分はどのように働くかを決めていってもいいのかもしれません。